スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イキガミ

映画イキガミをレートショーで見てきました。


まず始めに。


途中で気持ち悪くなって、映画館出ちゃいました(-。-)y-゜゜゜


だけどこの映画、確かに自分に伝わるものものはありました。


~ここからは開始約1時間までしか見ていない感想です~


まず前提知識として、

この国(日本)では「国家繁栄維持法」なる法律が定められている。

それは全国民が対象でランダムで選ばれた人間が18~24歳になると
死亡してしまうものらしい。(意味わからん・・・)

イキガミとは「逝紙」という日本国家公式の死亡予告証を意味する。
イキガミは対象者に死の24時間前に配られる。


私は最初の犠牲者となる新人ミュージシャンのケースしか見ていませんが
あと2ケースあるようですね。

今日の~時に俺は死ぬ。そんなケースを自分に当てはめながら、
このミュージシャンがどのような行動をとるのかと見ていましたが
まさにヒューマンドラマって行動を起こすんですよ。

大音量の中、
人間についてまわる『死』という漠然とした恐怖、
その漠然としたものがはっきりと目の前に現れた
感覚ってどんなものなんだろう
と考えていた時


貧血起こしました。

ちょっと映画に入りこみすぎたのかなぁ

フラフラになりながら映画館を出ました。


上映が終わり、一緒に見に行った友達に会うと、
目が赤かったんです。
どうやらとっても感動して涙を流されたご様子。


そこまで感動する映画だったのか・・・。

あれから何があったんだ・・・。

ってか松田翔太は何をしたんだ・・・。

泣いた原因はそれか・・・。

めちゃくちゃ気なります。


帰宅しウィキペディアで調べたら

「国家繁栄維持法」は
国民に「生命の価値」を再認識させることで
国を豊かにすることを目的だそうですね。


なるほど、気持ち悪くなるくらい伝わりました(泣)。
スポンサーサイト
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yuta

Author:yuta
実家住まいの平凡な人間
性別は男なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。