スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「無痛」を読んでみた

やっと体調良くなったんで再開。


医師であり作家の久坂部羊の著書
「無痛」(幻冬舎文庫)を読みました。


主人公の医師、為頼は外見だけで症状がわかるという
驚異の医師。

ある凄惨な事件が神戸の住宅街で起こり、
精神障害児施設の14歳の少女サトミが自分が犯人だと告白していた。

ひょんなことから当施設で働く菜見子と知り合った為頼は
サトミについての相談をもちかけられる。

本当にサトミはやったのか、為頼は事件の真相を解明出来るのか・・・

そんなお話。


読んだ感想としては、非常に面白かったです。
著者の本は初めて読んだのですが、文面だけみると
専門的な医学用語が多く出てきます。
為頼として著者が丁寧に解説しているので全く苦にはなりませんでした。


また犯罪と刑法39条(精神鑑定による心身喪失)適用の葛藤に悩む刑事
の姿もうまく表現できていたと思います。


本格推理小説ではないので、トリックには期待しない方がいいですが
医学に精通した犯行に仕上げ、持ち味は出ていました。


かなりお薦めできる一冊でした。






スポンサーサイト

『氷の華』を読んでみた。

最近ドラマ化され、なにかと話題のあった『氷の華』を読んでみました。

2夜連続放送のドラマは見てとても面白いと思い原作を読んでみたんですが、
性格柄どうもネタバレしているものを後で見返してみるのは苦手なようで、物足りなさを感じちゃいました。


内容は、主人公の恭子はセレブでプライドの高い女性。
ある時、夫の不倫という裏切り行為を知る。
その時のショックと不倫相手から言われた一言で恭子の中に殺意が芽生える。
恭子、そして夫と不倫相手、戸田警部補とそれぞれの思惑が交差し、物語は展開していく。
不妊症という過酷な運命が生んだ悲劇の結末はいかに・・・って感じです。


面白いと思った点は、困難なトリックはないけれど、
複雑な人間関係のなかで殺人が起きると
こうも面倒くさい事件に発展してしまうのかと思いましたね。
論理的に推理していくより、直観で事象を見つめる方が
真実に近づいてしまうという点、
その辺は戸田刑事も苦悩しただろうと思います。なかなか斬新でした。

あと、女性は怖いな~ってつくづく感じました。
女性が読んだら少しは恭子に共感するところがあるんですかね。
ちょっと聞いてみたい所です。


評価:ドラマを見ずに初めから小説を手に取っていたら★5つ
     

幻冬舎ルネッサンスから出版されたこの小説は
著者天野節子さんのデビュー作であり、
この本が出版される経緯は大変なドラマがありました。
詳しくはコチラ
    ↓
http://www.gentosha-r.com/grspecial/korinohana.html


<印象に残った一文>

「不倫をいい形で継続させるには、
相手の私生活を無視できるプライドと能力が必要なのです。
不倫の条件は、経済的に自立していることと、愛人以外に生き甲斐があること。
つまり気持ちを分散させる対象があるということよ。」


・・・・・まじで。(;一_一)



カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

yuta

Author:yuta
実家住まいの平凡な人間
性別は男なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。